保険相談サービスを選ぶポイントと注意点

最近では生命保険や損害保険に加入する際に保険会社の営業マンやセールスレディからではなく、専門の保険代理店を利用して契約をする人が増えてきました。そこで保険代理店の選び方やサービスを利用する際の注意点などについてまとめてみました。

保険代理店の種類

保険代理店には「専業代理店」と「副業代理店」の2種類があります。専業代理店とは保険商品の販売を専業としており、特徴に応じて以下の3種類に分類されます。

まずさまざまな保険会社の商品を取り扱っている「乗合代理店」は「来店型保険代理店」や「保険ショップ」とも呼ばれており、さまざまな保険会社の商品を取り扱っているというのが大きな特徴です。そのため比較検討がしやすいというメリットがあり、異なる種類の保険への加入を検討しているのであれば乗合代理店がおすすめです。一部の地域にFC展開している会社もあれば、「保険の窓口」「保険見直し本舗」のように全国展開している会社もあります。

専属代理店とは保険会社1社の商品に限って取扱っている保険代理店で、同じ会社の保険商品の中で比較検討したりプランを変えることしかできないというデメリットがあります。ただし担当者がついて更新の案内や保険金請求の手続きなどについて細かいサポートを受けられるというメリットがあります。

  • 専業代理店 … 保険の販売のみを行い保険会社と代理店契約を行っている
  • – 乗合代理店 … さまざまな保険の取扱い、無料でプロであるFPが保険を提案してくれる
  • – 専属代理店 … 1社のみの代理店となっている
  • – 独立系FP … 代理店に属さないFPが保険を提案、相談は有料のところも
  • 副業代理店 … 副業として関連する保険商品の販売を行う

お金や保険のプロであるファイナンシャルプランナーが独立開業して営業を行っている代理店もあります。独立系FPの場合は個人や事務所に応じて取り扱っている保険の種類が異なったり、コンサルティングにお金がかかるところもあります。ただしお金に関して長期的な相談もできるので、生活のスタイルが変わった場合でも保険の見直しを提案してもらったり相談者と長く深く付き合ってもらえるというメリットもあります。

一方で副業代理店とは保険商品の販売を兼ねて行っている自動車のディーラー、自動車整備工場、旅行代理店、不動産業者などで、車関係であれば自動車保険、旅行代理店であれば海外旅行保険、不動産会社であれば火災保険、地震保険などのように関連する保険を取り扱っていることが多いです。また最近では窓口で生命保険の販売を行う銀行も増えてきました。

会社や担当者を選ぶポイント

乗合代理店ではFPが無料でコンサルティングを行い利用者にとってどの保険が最も適しているのか提案してくれます。しかし会社によっては加入希望者の保険に対する知識がないことをいいことに、販売手数料の高い商品を売りつけると言ったような悪質な代理店が現実には存在するようです。保険は長期間にわたって契約して保障を受けるものですから、加入時により良い保険を選びたいものです。そこで保険相談サービスを選ぶポイントを紹介します。

担当者と相談する夫婦

    代理店を選ぶポイント

  • 取り扱っている保険会社、保険商品の種類
  • 顧客数や保有契約件数、代理店表彰
  • 相談を受ける場所

保険商品の種類には生命保険、医療保険、自動車保険、火災保険、地震保険など数多くの種類がありますが、さまざなま保険を取り扱っている乗合代理店であっても代理店契約を行っている保険会社の数が少ないところや地域によって取り扱いがある保険商品が異なる乗合代理店があります。加入を検討している保険商品があればその保険を取り扱っているかどうかまず確認しましょう。

また顧客数や相談の経験が多い代理店ほど保険会社や顧客とのやり取りが多く、また自然と保有している保険契約件数も多くなります。営業成績を良くするためには、豊富な保険の知識はもちろんのこと、保険に関する税金、法律など諸々の知識を備えており、顧客から信頼されることが大切です。ここ数年の成績が良ければ代理店として保険会社から表彰されることもあり、店舗カウンターやウェブサイトなどで表彰状などを掲載しているところもあるのでチェックしてみましょう。

乗合代理店の中で大きく分かれるのが、店舗で相談を受けるところと担当FPが自宅や近くのカフェまで出張訪問してくれるところの2種類があるという点です。店舗を構えているところは大きなショッピングモール内や主要駅前に出店していることが多く、買い物や通勤のついでに相談を受けられるというメリットがあります。一方で出張訪問してくれるところは無料で自宅まで訪問してくれるので、小さい子供がいたり外出が困難な高齢者がいる家庭にはおすすめです。出張訪問は全国に対応しているところや、一部地域に限定しているところもあるので申込時によく確認しておきましょう。

    担当者を見極めるポイント

  • 説明が丁寧で強引な勧誘をしない
  • 経験年数が豊富なFPであること
  • よりスキルの高い資格をもつFPであること

もしほとんど保険の知識がない状態で代理店で説明を受けたとしても、何を言っているのかよく分からない状態で説明されたことを理解するだけでも大変かもしれません。本当に保険についてよく理解しているFPであれば、知識があまり無い人に対しても分かりやすいように話をすることができます。できるだけ専門用語を使わず、誰にでも分かりやすく話してくれるところは保険の知識も豊富で安心できる代理店と言えます。

また担当するFPへの高い信頼性がなければ代理店営業を長く続けることはできません。強引な勧誘を行っているような代理店は口コミで低い評価を付けられますし、評判が悪い保険ショップだと更新の際に他の代理店へ乗り換えを検討する人も多いでしょう。保険に関わる法律、税金などの知識も数をこなすほどにより積み重なります。そのため担当者を選ぶ際に営業年数をチェックすることも大切なポイントです。

さらにより専門的な資格を保有しているFPがいる保険代理店もおすすめです。例えばAFPは日本FP協会で認定している資格で、相談者に対して適切なアドバイスや提案ができるFPとして必要かつ十分な基礎知識を持ち、FP技能を習得した者に与えられます。一般的には保険相談サービスを利用するとFPの資格を持った人が担当してくれますが、AFPなどより高度な資格を持つファイナンシャルプランナーがいるかどうかも選ぶポイントとなります。

利用する際の注意点

  • 店舗型の場合は出かける必要がある
  • 基本的には保険の加入を勧められる
  • 取扱っている保険商品の種類

まず店舗カウンターで相談するタイプの代理店では、面談日時を予約して店舗まで出向かなければいけません。保険選びを慎重になればなるほど何度も相談をすることになりますし、最終的に契約の手続きも含めて3~4回は店舗まで行く必要があります。無料で出張訪問してくれるタイプの代理店では出向く必要はありませんが、自宅で相談を受ける場合は掃除をしたりなど手間がかかります。ただし保険選びには相談サービスを利用した方が良いのでどちらか一方のデメリットを取るようにしましょう。

無理に保険への加入を行っていないとしている代理店でも、基本的には保険契約による手数料で収益を出しているため保険への加入は勧められます。中には担当者がしつこく電話をかけてくる代理店もあるので、このような場合に備えてイエローカード制度(FPへの警告)を整備している会社を選んだり、口コミでの評価を事前にチェックされることをおすすめします。

代理店を選ぶポイントでも記述しましたが、同じ乗合代理店であっても地域によって取り扱っている保険会社や保険商品が異なったり、損害保険を取り扱っていない会社もあります。また担当FPへの研修制度や経験年数なども会社によって異なり、保険や貯蓄による考え方も異なるので最も正しい提案を受けることができるかは難しいところです。そのため第三者の意見を聞いたり相性の良い会社、担当者を探すという意味でも、もう1~2社で無料の保険相談を受けられることをおすすめします。中には契約の手続きや保険会社への連絡なども代行してくれるところもあります。

コメント